節約ママの生活を豊かにするヒント

節約ママの暮らしを豊かにするヒント

1歳の娘を育てながらOLとして働くワーキングマザー。育児・ブログ運営・格安SIM(MVNO)・節約の話題多し。無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信します。

中国南方航空で無料宿泊サービスを利用する手順を詳しく解説(上)

中国南方航空には広州で乗り継ぎする利用客向けに無料宿泊サービスがあります。

他の方のブログをみるとトランジットホテルが無料で提供されるなんてしらなくて、乗り継ぎの時空港でホテルを当日予約して宿泊したという人もいるようです。そうなんですこのサービス、申請しないと基本的には利用できないんです。(事前予約はいりませんが・・・)「申し出するタイミングがわからなくて空港を出てしまった」なんてことがないよう流れを書いておきます。

 以前の記事で言っていた中国南方航空の無料宿泊サービス。(フリートランジットホテル)

 

sachit.hatenadiary.jp

 

体験談も交えつつ。パリ→広州→ソウルで利用しました。長すぎるので上中下に分けます。

 

airport

 

~チェックインまでの事前準備編~

 
やっておくこと

・手荷物に1泊できるセットは最低限入れておく。
乗り継ぎ時、受託手荷物(預け入れ荷物)は一度手元に戻ってきます。が念のためロストバゲージの可能性も考えて持ち込み手荷物で持っておいた方が安心。

・機内に持ち込み可能な食事を購入して準備しておく。
広州空港では入国までにお店が見当たらなかったので、途中でごはんを買っていくのは難しいです。ホテルの着時間によってはお店が閉まっている可能性があります。中国での食事になるので不安な方も。


まず、チェックインまでは何も手続きはいりません。不安ならホームページのトランジットホテルについて書かれたページ(英語)をプリントして持っておきましょう。

 

 ~出発時の空港カウンター編~



1.チェックイン時、チェックインカウンターで航空会社のスタッフに「乗り継ぎ時にトランジットホテルを利用したい」と伝える。

ここ結構重要です。(忘れててもなんとかなりますが・・・)
そうすると、タグかシールをもらえます。
たしか中国南方航空のロゴが入ったものだったと思います。

2.もらったタグかシールを手荷物のわかりやすいところにつける。
スタッフからの指示です。預け荷物じゃなくて手荷物に貼ります。手続きをするときに、これがあるとスムーズに行くようです。
もらえなければ、チェックインカウンターに置いてある中国南方航空のバゲージタグをつけてもいいでしょう。

出発時の空港カウンターでの手続きはこれで終了です。
簡単ですね。

次は乗り継ぎ地の広州空港に到着してからになります。


~広州空港到着時編~ 

1.到着カウンターに向かう
乗り継ぎ(トランジット)の方向ではありません。一度空港から出ますので入国方面に向かいます。手探りでよくわからなかったので空港の職員にフリートランジットホテルの紙を見せて聞きまくりました。職員さんは手荷物につけた中国南方航空のタグで結構理解してくれました。(この後の出国審査の時もタグをみた職員さんに優先して出国審査の列の優先ラインに誘導されました)

2.入国審査を受ける
この時に無料宿泊サービス(フリートランジットホテル)を利用することを伝えましょう。ビザが発行してもらえるはずです。
この後待合室にいくことになるのでどこに行ったらいいか聞いてください。(一応ここにも書いておきますが変わっているかもしれませんので)入国審査するなんて知らず、到着予定地のことだけを書いていましたが大丈夫でした。(ホテルもわからないから)

3.預けた手荷物を受け取る

到着した時と同じように、スーツケースを取りに行ってください。

 

4.中国南方航空の無料宿泊サービス用ラウンジに向かう
エスカレーター降りて左手のところに天井のない壁というか(ついたて)で仕切ってあるところが待合室でした。もう一か所あったので他にも同じようなサービスをしている航空会社があるのかもしれません。

 

中国南方航空の看板がたってたのでわかりやすかったです。
入国してしまったら通り過ぎています!入国する前に近くの空港職員にラウンジの場所を聞きましょう。

 

手書きのメモですがラウンジの位置です。

 

f:id:Sachit:20160518172333j:plain



5.ラウンジで呼ばれるのを待つ
すぐにホテルに案内されるわけではありません。(おそらくサービス利用すると確定してからホテルを取りに行っていると思われる)ラウンジは待合室みたいな感じです。呼ばれたら係員についていくことになります。


「どこどこ行きのみなさんー」みたいに次の目的地別に呼び出しされます

(わからなければその都度航空券を持って行って確認してもらってもいいかもしれません。しばらく呼ばれなくて心配だったので何度か確認しました)

 

●ラウンジ情報●

ソファーやベンチが並んでいて、飲み物(ペットボトルに入ってる)も無料。軽食(袋に入ってるお菓子)も無料。お菓子も飲料もスプライトとかほとんど有名メーカーの商品で、中国メーカーは少なめ。(もちろん中国語表記はありましたが)

 

壁はついたてなので簡易な部屋ですが、提供されるサービスはラウンジのようでした。

 

お菓子は食べ放題のようで、遠慮がちに取っていたら掃除のスタッフさんにもっととったらいいのよーみたいな感じでおすすめされました。何も買っていなかったのでちょっとお菓子を多めにいただきました。

 

次は空港からホテルまでとホテルから空港に戻って次の飛行機に乗り継ぐまでの流れについて書きます。

厳選!海外旅行におすすめの保険付帯クレジットカード13選