節約ママの生活を豊かにするヒント

節約ママの暮らしを豊かにするヒント

1歳の娘を育てながらOLとして働くワーキングマザー。育児・ブログ運営・格安SIM(MVNO)・節約の話題多し。無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信します。

拡張パネルが豊富。日本育児のベビーゲート「スマートゲイトⅡ」に決めました

ベビーゲートなんているの?と思っていましたが、こどもが動き回るようになると確かに欲しい。危ないものを上にあげればほとんど解決する話だけど狭い我が家では収納スペースが足りません。目を離したすきに何をするかわからないのでトイレにも行きにくい状況になってきたのでついにベビーゲートを買うことになりました。

ベビーゲートといってもいろいろありますが壁に穴をあけず、ドアみたいに開くタイプのベビーゲートを探していました。

アカチャンホンポでいろいろ試して日本育児のベビーゲートに決めました。触ると使い心地が違っていたので一度店舗で見てみるのがおすすめ。(荷物になるから店舗で見てから楽天で買いました)

買ったのはこちらのベビーゲートⅡ。階段上にも対応です

突っかかりがなくスムーズにあきます。力がいるものやあけにくいものもあります。口コミとかしっかり見た方がいいですよ!

寝たあとやお風呂に入れているときなどできればあけておきたい時は扉を90度以上あけると空いた状態で固定してくれます。

90度より狭くすると自動でしまります。自動ドアみたい閉め忘れがないので助かる。勢いよく閉めると上手く閉まらないこともあるので45度くらいまで閉めてから手を離してます。

拡張パネルがいろいろ揃ってます。狭い幅から広い幅までかなり豊富。ほとんどの幅に対応できるはず。拡張パネルXLを足せばちょうどふすま2枚分でした。取り付けたい幅に合わせた拡張パネルを買う必要がありますが、こんなに幅広くできるベビーゲートは他にあまりありませんでした。(ドアは一か所です)

ただし、XLの拡張パネルで取り付けたらさすがに耐久性は弱く感じました。大人が思いっきりタックルしたら(しないけど)外れそう。(もちろん赤ちゃんなら全然大丈夫です)

扉が閉まると泣くので心が痛みますが動ける範囲だけしっかり安全対策すればよくなったのでかなり楽。料理するときなどちょっと目を離さないといけない時も前より安心してできるようになりました。スタンダードな幅のベビーゲートを取り付けたい場合は一時期だけのものなのでレンタルでもいいかもしれません。