節約ママの暮らしを豊かにするヒント

1歳の娘を育てながらOLとして働くワーキングマザー。育児・ブログ運営・格安SIM(MVNO)・節約の話題多し。無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信します。

Googleから来た英語のメール。要約とアドセンスへの影響

f:id:Sachit:20160908221001j:plain

朝起きたらGoogleから「Important updates about the General Data Protection Regulation (GDPR)」という全文英語のメールが来ていました。メールの内容を全文翻訳して要約しましたので書いておきます。(訂正箇所あったらご指摘ください)4/13に続報が来たので追記しています。(Googleアナリティクスユーザー向け)

Googleからのメールを要約

この方の要約でほぼいいい気がしますが、一応 2018年5月25日にEUで新しい法律「GDPR」が発効になります。

GDPRとは

EU一般データ保護規則 - Wikipedia

個人情報の取得条件や管理がさらに規模しくなる法律です。

なので、GDPRに対応するために色々Googleは規約等を変更しています。(この法律はEU圏に住んでいる人だけじゃなく、EUからアクセスされる可能性のあるサイトやアプリを持っている人は全て対象。)

昨年8月くらいから対応していってるけど、5月には対応して規約も追加します。

  • DoubleClick for Publishers (DFP)
  • DoubleClick Ad Exchange (AdX)
  • AdMob
  • AdSense

この辺りのサービスを使っている人は影響ありです。

パーソナライズ広告が出ないようにするサイトにも対応できるようにするって書いてあるので、サイト閲覧履歴を管理するのが厳しくなるのでしょうか。

今までは、自分がみたサイトに合うような広告が表示されていたけど、サイトをみた人がEUの人だったらサイトの閲覧履歴が取得できない(=合う広告が表示できない=サイトの収益が下がる)って感じですかね。

数週間続報があるみたいです。 日本語対応してほしい・・・

特に対応することはなさそう。影響も少なめ

対応の準備はgoogleがしてくれているので、今のところ対応は不要なようです。

日本語のサイトでEUからのアクセスってそんなにないので、今のところは影響は少ないですね。

仮に、日本にもそういう法律ができたらアドセンスの収益は一気に落ちる可能性もあるかも。ブログで生活している人には辛いですね。

追記:4/12に続報のメールがアナリティクスから来ています

4/12の朝にグーグルアナリティクスから英語のメールが来ています。今回は対応事項があり。5/25までに確認しておけば問題ないですが、たくさんサイトを管理している人は早めにチェックが必要です。今回のメールも翻訳しています。

blog.setsuyakumama.net

全文翻訳(基本Google翻訳)

全文翻訳してみました。英語力なさすぎてGoogle翻訳頼みですが・・・

Dear Partner, Over the past year we've shared how we are preparing to meet the requirements of the GDPR, the new data protection law coming into force on May 25, 2018. The GDPR affects European and non-European businesses using online advertising and measurement solutions when their sites and apps are accessed by users in the European Economic Area (EEA). Today we are sharing more about our preparations for the GDPR, including our updated EU User Consent Policy, changes to our contract terms, and changes to our products, to help both you and Google meet the new requirements.

親愛なるパートナーへ

2018年5月25日に施行されるGDPR(新しいデータ保護法)にどのように対応する予定なのかをご紹介します。

GDPRは広告や計測を使っている人に影響があります。(欧州経済圏(EEA)からアクセスされるサイトやアプリを持っている場合、ヨーロッパの人でもそれ以外の人でも対象)

今回はさらに、EUユーザー同意方針、契約条件の変更、製品の変更、を含めGDPRに対応するたの準備についてパートナーと共有しましょう。

Updated EU User Consent Policy Google's EU User Consent Policy is being updated to reflect the new legal requirements of the GDPR. It sets out your responsibilities for making disclosures to, and obtaining consents from, end users of your sites and apps in the EEA. The policy is incorporated into the contracts for most Google ads and measurement products globally.

EUユーザー同意方針のアップグレード

GoogleのEUユーザー同意ポリシーについては、GDPRの法律に対応できるよう順次改善を行なっています。 具体的にはEEAのユーザーに(個人情報などの)入手の時に同意を得るようにするなどの方法です。 この方法は大部分のGoogle広告や計測に組み込まれています。

Contract changes We have been rolling out updates to our contractual terms for many products since last August, reflecting Google’s status as either data processor or data controller under the new law (see full classification of our Ads products). The new GDPR terms will supplement your current contract with Google and will come into force on May 25, 2018. In the cases of DoubleClick for Publishers (DFP), DoubleClick Ad Exchange (AdX), AdMob, and AdSense, Google and its customers operate as independent controllers of personal data that is handled in these services. These new terms provide clarity over our respective responsibilities when handling that data and give both you and Google protections around that controller status. We are committing through these terms to comply with our obligations under GDPR when we use any personal data in connection with these services, and the terms require you to make the same commitment. Shortly, we will introduce controller-controller terms for DFP and AdX for customers who have online terms. By May 25, 2018 we will also introduce new terms for AdSense and AdMob for customers who have online terms. If you use Google Analytics (GA), Attribution, Optimize, Tag Manager or Data Studio, whether the free or paid versions, Google operates as a processor of personal data that is handled in the service. Data processing terms for these products are already available for your acceptance (Admin → Account Settings pages). If you are an EEA client of Google Analytics, data processing will be included in your terms shortly. GA customers based outside the EEA and all GA 360 customers may accept the terms from within GA.

契約の変更

私たちは昨年の8月から、契約条項を新しい法律に対応できるようにデータ処理やデータ制御を変更しています。

新しいGDPRの条件は現在の契約に補足する形で2018年5月25日に発効します。

独立した個人データとして これらのサービスに関連して個人情報を使用する場合、GDPRでの義務をGoogleが遵守するために、パートナーも同じように同意していただく必要があります。

  • まもなく、DFP AdXを使っている人向けに新しい条項をご案内します。

  • 同じように、adsenseとadmobを使っている人にも2018年5月25日までに新しい条項をご案内します。

有料会員でも無料会員でも、個人情報の取り扱いの条項についてはすでに同意されています。

Product changes To comply, and support your compliance with GDPR, we are: Launching a solution to support publishers that want to show only non-personalized ads. Launching new controls for DFP/AdX programmatic transactions, AdSense for Content, AdSense for Games, and AdMob to allow you to control which third parties measure and serve ads for EEA users on your sites and apps. We’ll send you more information about these tools in the coming weeks. Taking steps to limit the processing of personal information for children under the GDPR Age of Consent in individual member states. Launching new controls for Google Analytics customers to manage the retention and deletion of their data. Exploring consent solutions for publishers, including working with industry groups like IAB Europe.

製品の変更

準拠するために、パーソナライズされていない広告を表示したいサイト運営者向けのサービスを始めました。 今後数週間、このツールについて詳細をお送りします。 子どもの個人情報の処理を制限する措置を講じます。 googleアナリティクスでお客様がデータの保持と削除を管理できる仕組みをつくりました IAB Europeなどの業界団体の協力するなど、出版社むけの同意ソリューションを検討

privacy.google.com/businessesを参照すればもう少し詳しく載っています。規約部分をご覧ください。

何かご質問があれば、アカウントチームかヘルプセンターにお問い合わせください。

今後数週間で私たちの計画についての情報を引き続き共有していきます。