節約ママの生活を豊かにするヒント

節約ママの暮らしを豊かにするヒント

1歳の娘を育てながらOLとして働くワーキングマザー。育児・ブログ運営・格安SIM(MVNO)・節約の話題多し。無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信します。

飲みやすさが魅力。ほほえみママミルクブレンド

f:id:Sachit:20170628191914j:plain
2人目出産に向けて母乳育児対策をいろいろ調べています(1人目母乳育児はトラブル続きで、頑張ったものの結局混合になってしまいました)今回は母乳育児中のママのためのハーブティー、ほほえみママミルクブレンドを試してみました。ハーブティーらしくない飲みやすさが気に入りました。

フォトジェニックな見ためがいい感じです

f:id:Sachit:20170628192011j:plain
「ほほえみママミルクブレンド」は母乳育児中のママに特化したブレンドハーブティー。ノンカフェイン・ノンシュガーです。

公式のインスタみたいにおしゃれには撮れませんがおしゃれなパッケージです。チャック袋になっているのでそのままキッチンに置いておけます。

www.instagram.com

ティーバッグ(1.8g)が30包入っています。1か月分ですね。

ティーバッグは色とりどりで見た目も華やか。合成着色料不使用なので、ハーブそのものがこんなに綺麗な色なんですね。ガラスのボトルに入れてインテリアみたいにリビングに置いておいてもいいかも。

癖のないルイボスティー。ハーブティーっぽさは少なめ

f:id:Sachit:20170628192100j:plain
ティーバッグはテトラ型。紐がついているのでマグカップで手軽に飲めます。

f:id:Sachit:20170630182410j:plain

入れた感じはこちら。基本はルイボスの味ですが、ルイボスティーの中でも癖がない方のルイボスです。後味は爽やかな感じ。レモングラスとほんのりローズヒップを感じます。ルイボスティーが苦手でなければ、ハーブティーに抵抗がある人もおいしく飲める味です。

母乳育児トラブル対策という意味ではホットか冷まして常温くらいがおすすめ。これから暑くなってきたら冷やして飲んでもおいしく飲めそうです。

母乳に効くというハーブは単体では癖のある味のものが多いので、ほほえみママブレンドは飲みやすくブレンドされていると感じました。

薬ではないので効き目はゆるやかですが、この味と見ためなら毎日の習慣に飲むのにちょうど良さそうです。正直母乳育児のトラブルに悩まされるのは最初の3ヶ月くらいというママがかなり多い。(私は結局半年以上悩みましたが。。。)なのでその間のメインドリンクにするのも良さそう。

母乳育児のための成分に厳選!なので妊娠中は飲まないこと

f:id:Sachit:20160908220959j:plain
原材料としてはこんな感じ

ルイボス・レモングラス・ローズヒップ・ピンクローズペタル・レッドローズペタル・ラズベリーリーフ・ネトル・フェンネル・サフラワー

注意点としては妊娠中は飲まないこと。ラズベリーリーフやフェンネルなど、妊娠中はおすすめされていないハーブがいくつか入っています。ママブレンドのハーブティーは妊娠中からの飲用をおすすめしているものがほとんど。ただ、ほほえみママミルクブレンドは違うので注意です。(私も妊娠中なので、卒乳後ですが妹に試飲してもらいました)

ちなみに、妊娠中から飲めるノンカフェインドリンクのレビューもいくつか書いています。(この3つは母乳育児のママ向けですが妊娠中から飲むのもおすすめされてます)

「母なるおめぐみ」口コミレビュー!母乳育児のママ向けカフェインレスティー

口コミレビュー。ママナチュレたんぽぽ茶飲んでみました。

保存食としてもなかなか優秀。あじかんの焙煎ごぼう茶

そのぶん、ほほえみママミルクブレンドは母乳育児のためのハーブだけがブレンドされているということで期待出来ます。飲み始めの時期は自由ですが、出産後すぐに飲み始めるのがおすすめです。

ちなみにほほえみママブレンドは今のところ楽天やアマゾンでは購入できず、公式サイトからの購入のみになります。定期購入だと、初回は半額以下とかなりお得。

ほほえみブレンドは続けやすいハーブティーでした

f:id:Sachit:20170630183018j:plain
母乳育児対策のお茶は癖があって飲みにくいものが多いですが、(牛蒡子とか、たんぽぽコーヒーとか)ほほえみブレンドはかなり飲みやすいハーブティーでした。家で過ごすことが多くなる授乳期のリラックスタイムにほほえみブレンドはおすすめです。

※この記事はほほえみキラリより商品提供を受け、書いています。

「ほほえみママミルクブレンド」公式サイト