節約ママの生活を豊かにするヒント

節約ママの暮らしを豊かにするヒント

1歳の娘を育てながらOLとして働くワーキングマザー。育児・ブログ運営・格安SIM(MVNO)・節約の話題多し。無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信します。

UQモバイルのHUAWEI P9 PREMIUMレビュー

指紋認証がかなり便利。P10ももうすぐ発売になる、HUAWEIのPシリーズ。高機能カメラが特徴です。今回はUQモバイルがオリジナル版として出しているP9 lite PREMIUMをレビューしました。

f:id:Sachit:20170527234301j:plain

HUAWEIは海外のスマホメーカーで、MVNOでもよく採用されています。コスパの高い機種やハイスペック機種が多いです。HUWAEI P9 Liteはなかでも人気の機種。ひとつ前の機種になりますが、UQモバイル公式サイトで購入すると「実質0円機種」です。

HUAWEI P9開封レビュー。同梱物は充実

f:id:Sachit:20170527234335j:plain

UQモバイルから届いたP9を開封してみました。箱はこんな感じ。シンプルです。

開けて見ました。中身は f:id:Sachit:20170527234406j:plain
スマホ本体
説明書
イヤホン
充電コード
充電プラグ
クリアケース
ピン(SIMカードを入れる時に使用)
です。

同梱物は充実しています。一通り入っているので到着してすぐ使い始めることができます。(機種によっては充電コードが付いてなかったりする) 珍しいと思ったのはクリアのスマホケース。プラスチックの軽いものですが、ぴったりの純正スマホケースが付いているのは嬉しい。カバーを付けた状態で指紋認証も使えます。f:id:Sachit:20170527234535j:plain

P9の外観や大きさなど

f:id:Sachit:20170527234638j:plain

まずは大きさから。左の紫はXperia Z3。最近のAndroidのスマホはだいたいこんな大きさなので、大きさは平均的です。ちなみにiPhoneSEとも比較してみました。こう見るとiPhoneがかなりコンパクトに見えますね。

f:id:Sachit:20170527234726j:plain

持って見るとこんな感じ。女性や子どもだと、最初は両手で操作が必要です(私はそのうち慣れて片手で操作できました)

f:id:Sachit:20170527234814j:plain

ボタンや端子の配置場所はAndroidによくある感じです。 電源ボタンと音量ボタンがある右側面。上部にイヤホン端子、下部に充電端子があります。カメラは凹凸のないフラットなタイプ。

左側面にはSIMとsdカード(?)のある左側面。SIMカードはiPhoneと同様ピンであけるタイプ(爪で引っ掛けてあけないやつ)

f:id:Sachit:20170527234905j:plain

指紋認証が背面についています。(クリアカバー付きでも認証可能)iPhoneだとホームボタンなので、乗り換え組は慣れるまで不便そうです。 f:id:Sachit:20170527235103j:plain

P9Lite(PREMIUM)の特徴と市販(P9Lite)との違い

HUWAEI P9 Lite PREMIUMの特徴

1300万画素の高画質カメラ。機能も充実
大容量バッテリーで省電力
指紋センサーが優秀
FeliCa・ワンセグ非対応
ポケモンGOのAR機能は使用不可

さらに詳しいスペックは公式サイトに載っています。
HUAWEI P9 lite PREMIUM|UQモバイル公式

P9 liteはカメラの性能が良いのが特徴です。実際使ってみてきれいだと感じました。画素数が高いのも魅力ですが、機能も充実しています。夜間撮影モードもあるので暗いところでの撮影にも便利です。そもそも液晶がきれいというのもある。 f:id:Sachit:20170527235212j:plain

あとは指紋センサー機能が優秀。iPhoneではロック解除のためにホームボタンを押してから指紋認証をする必要があるのに比べ、P9 Liteの場合は指紋認証のみでロック解除。1ステップ少ない分動作がスムーズです。(ただし、誤作動が多くなるという声もあり)また、指紋センサーで電話を取れるなど、指紋認証でいろんな機能にアクセスできるのが便利です。f:id:Sachit:20170527235333p:plain

残念ながらワンセグ・FeliCa(おサイフケータイ)の機能はありません。(海外製だから?)キャリアから発売されているAndroidスマホはだいたいついている機能なので、現在使っている人は注意が必要です。

あとは、ジャイロセンサー非搭載のため、ポケモンGOのAR機能は使えません。なので、ポケモンを捕まえるときは草むらで捕まえることになります。(実際はAR機能使わない方が捕まえやすいですが)最近はブームも下火になってきたのであまり影響はないかな。他にもAR機能を使っている人はいったん選択肢から外す必要があります。

PREMIUMと普通のP9との違いは

メモリひとつ増えてる(2GB→3GB)
CPUのスペックが若干ダウン(とはいっても割とサクサクのオクタコア)
UQモバイルのWiMAX2+のCAに対応しています
デュアルSIM不可になってる

メモリが1.5倍に増えているのは確かにプレミアム感ありです。3GBあったら割と安心感あります。CPUのスペックダウンは3Dゲームしなければ問題ないかな。キャリアアグリゲーションに対応させたのはUQ仕様にするためみたいですね。

デュアルSIMとは2枚SIMカードがさせる機能。例えば、「電話用とメアド用のキャリア(docomo)SIMとネット用に格安SIM(MVNO)のデータSIMカードの2枚をさして、ネットと電話で使い分け」みたいなことができます。他のデュアルSIM機種同様、同時待ち受け不可。

迷わないと思いますが・・・設定方法

P9 lite PREMIUMはUQモバイルから発売されている機種なので、そのままUQモバイルで使うにはややこしい設定は不要です。ドコモとかでも新しいスマホに機種変更したらする普通のスマホの設定のみですが一応簡単に説明

まず言語選択。日本語なら「日本語」を選択します。 f:id:Sachit:20170527235414j:plain

次にWi-Fiを接続。家のネットのパスワードがわかれば設定しておくと、家ではWi-Fi接続で快適です(つながなくてもUQモバイルの電波で大丈夫なのでわからなければスキップでOK)

あとはいくつか確認事項がでて、初期設定しますか?の画面が出て、設定ボタンを押すと自動で初期設定してくれます。 f:id:Sachit:20170527234301j:plain

初期設定後は特に設定しなくても、UQモバイルの電波を掴んでくれました。ネットも電話も普通につながりました。

ちなみに、P9 Liteの場合はSIMフリー版を購入した場合でも、いろんなMVNOのAPN設定(インターネットをつなげるために必要な設定)がプリセットされています。なので自分の持ってるSIMカードの会社を選ぶだけでOKなのでUQモバイル版じゃなくても結構インターネット設定も簡単なよう。

UQモバイルなら実質負担0円。でも普通に買うのもあり

f:id:Sachit:20170508224612j:plain

UQモバイル公式サイトだと、このUQオリジナル版「HUAWEI P9 lite PREMIUM」を実質負担0円で購入できます。(機種サポート使用)また後日記事にしますが、docomo系のMVNO SIMで使えたのでSIMフリーな可能性あり。(公式ではSIMロックありと書いてありますが・・・)

最新機種ではないですが、カメラと基本的な機能が使えたらいい人なら普通に候補として考えてもよさそうです。ただ、私だったらあと月々1000円出してPhoneSEを購入します。(スマホのハードユーザーで最近iphoneにはまってます)

また、本来の機種代金自体もかなり抑えられているので、機種サポートを使わず一括や普通に分割で支払ってもそんなに負担は大きくありません。また、UQモバイル公式サイト版のPREMIUMでない普通のHUWAEI P9 Liteを買うのも一つの選択肢です。

公式サイトからなら機種代0円

【関連記事】
UQモバイルはiPhone7も動作確認済!公式サイトで問い合わせしました

HUAWEI P9 PREMIUMはSIMフリー?docomo系のSIMでネットつながりました

速度が安定して速い!UQmobileのメリットとデメリット