節約ママの暮らしを豊かにするヒント

1歳の娘を育てながらOLとして働くワーキングマザー。育児・ブログ運営・格安SIM(MVNO)・節約の話題多し。無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信します。

メインで使いたい高還元率カード。リクルートカードは年会費無料

f:id:Sachit:20180501144247j:plain 「クレジットカードでポイントがたまっているけど使い道がわからない」

「還元率はよくわからないけど、学生の時に作ったクレジットカードをそのまま使ってる」

そんな人は実はクレジットカードで損してるかも?

リクルートカードがポイントもたまりやすくて使い勝手もなかなか良いです。今回はリクルートカードのメリットとデメリットを紹介します。

格安SIMなどの固定費の節約にも便利です。

リクルートカードの一番のメリットはポイントのたまりやすさ

リクルートカードの魅力はポイントの貯まりやすさ。「どう使っても1.2%のポイントがつく」のがメリットです。

クレジットカードは一般的に1.0%を超えると高還元と言われています。(楽天カードは1.0%)

年会費を払うともっと還元率のよいクレジットカードもあるのですが、年会費無料のクレジットカードだと1.0%をこえるカードは数える程。(有名どころでも0.5%のクレジットカードも。)

最近はクレジットカード業界全般で還元率の改悪が続いているのでリクルートカードの1.2%は珍しいです。

私はズボラなので、普通に買い物した時にたくさんポイントがもらえるカードがいいので、最低還元率を意識するようにしています。

(逆に「最大3%ポイント!」みたいな最大還元率が高いカードはややこしくて苦手。誕生日月は何倍とか、指定の店舗だと二倍とか、色々条件があってしかも普通に買うと0.5%だったりします。)

年会費無料のクレジットカードで何を買っても1.2%のポイントが付くのは大きい。

ポイントが使いやすい。ポンタポイントやdポイントへの交換もおすすめ

高還元率のカードでもたまったポイントが使いにくかったら意味がありません。

ほかのクレジットカードのことですが、ポイントが決まった商品にしか交換できないのに欲しい商品がなくて、そのままポイントを失効させたことがあります。

その点、リクルートカードはポイントを使いやすいです。

まずはリクルート関連のサービスの支払いに使うことができます。

リクルートポイントが使えるサービスはこちら *ポンパレ * ホットペッパーグルメ * ホットペッパービューティー * じゃらん * ごちまる * ERUCA * じゃらんゴルフ * MARQREL

私の場合はホットペッパービューティーやホットペッパーグルメをよく使うので、普通に便利です。

ただ、リクルート系のサービスは使わないって人も結構いると思います。その場合、リクルートポイントをpontaポイントに交換して使うのがおすすめ。

Pontaポイントなら使える範囲が一気に広がります。 よく使う店舗だけ書いてみると、

  • ローソン
  • 高島屋
  • ライフ(店舗限定)
  • 大戸屋
  • ケンタッキー
  • HMV
  • ヒマラヤ

コンビニやファーストフード、百貨店で使えたら欲しいものがないことはないし、普通に使いきれます。

他のサイトではあまり紹介されていないですが、私のおすすめの使い方はdポイントに交換すること

dポイントだと、ローソンでの支払いの他にミスタードーナツやマクドナルドの支払いにも使えます。さらに、スマホがdocomoの人は毎月の携帯料金をdポイントで支払うことが可能。

実はdカードの還元率は1.0%(しかも携帯料金支払った時のポイント付与については注意が必要)なので、リクルートカードで支払った方がたくさんdポイントももらえます。

ドコモのスマホ代をdカードで払っている人はリクルートカードに切り替えるだけでかなり節約に。

リクルートポイントは実質有効期限が無期限(一年間加算がなければ失効)なので、無理に使い切る必要がありません。端数を気にしなくてもいいのも嬉しい。

電子マネーにチャージできる※金額制限ができました

リクルートカードのもう一つのメリットは電子マネーにチャージした時も1.2%ポイントがたまること。

チャージした時に1.2%たまるクレジットカードは少ないので貴重。ポイントがたまる上限金額が改悪されていますが、それでも還元率を考えると魅力です。

リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について

2018年4月16日(月)より、以下の対象となる電子マネーチャージご利用分については、ご利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となります。 合算で30,001円以上のご利用分はポイント加算の対象外となります。

なお、ご利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

※月間集計期間は毎月16日~翌月15日となります。

リクルート関連のサービス使う人はさらにお得

リクルートカードなので、リクルート関係のサービスを利用する人はさらにお得。

私の場合、美容院の予約はホットペッパービューティー。ホットペッパービューティーもリクルート関連会社なので、さらに高還元。3.2%のポイントを貯めることができます。

リクルート関係のサービスは ポンパレ ホットペッパーグルメ ホットペッパービューティー じゃらん ごちまる ERUCA じゃらんゴルフ MARQREL

この中に利用しているサービスがあれば、リクルートカードを使わないと損ですよ。

リクルートカードのデメリット

いくつかリクルートカードの魅力について書きましたが、もちろんデメリットもあります。

それは「リクルートポイントからpontaポイントへの交換が面倒」なこと。

リクルートポイントはリクルート関連のサービスを使わない人にとっては使い道ゼロ。

pontaポイントに交換する手順自体はシンプルなのですが、貯まったポイントをコンビニなどでそのまま使えないのは不便です。

その点楽天カードやTカードは貯まったポイントをすぐ使えるのが便利。(ポイントをカタログギフトや商品に交換するクレジットカードも多いので、楽天カードやTカードが使いやすすぎるとも言えます)

還元率という意味ではリクルートカードが一歩抜きん出ているので、一手間を取るか還元率を取るかという話ですね。

私は貯まったらまとめて交換したらいいやくらいの気持ちなのでリクルートポイント推し。

年会費無料で探している人におすすめです

年会費は無料で、使いやすいクレジットカードを探している人には、リクルートカードはおすすめのクレジットカードです。

リクルートカードはこんな人におすすめ

  • 年会費無料のクレジットカードを1枚だけ持ちたい
  • 通信費や光熱費を支払いたい
  • 電子マネーにチャージできるクレジットカードが欲しい
  • ApplePayに対応しているカードが欲しい

入会でポイントもらえるキャンペーン中

リクルートカードは入会でポイントがもらえるキャンペーンをしています。

結構な金額がもらえるので、キャンペーン中の入会がお得です。