節約ママの暮らしを豊かにするヒント

ワーキングマザーが無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信。格安SIMにはまっています

ドコモのお持ち帰り料金(頭金)のカラクリ。頭金なし(無料)のショップは

f:id:Sachit:20180830231913j:plain

ドコモショップの「お持ち帰り料金」(頭金)って知っていますか?実はお持ち帰り価格はdocomoの事務手数料とは別に設定されている手数料なんです。

しかも、店舗によって金額が異なります。今回は頭金の仕組みや頭金を無料で機種変更する方法をご紹介します。

【公式】
ドコモオンライン

docomo の「お持ち帰り料金」(頭金)の仕組み。事務手数料ではありません

お持ち帰り料金は、「ショップ独自の手数料」

ドコモショップや家電量販店でスマホを買う場合にかかるのですが、事務手数料とは違います。

お持ち帰り価格は金額にして約3000円〜10000円。私が確認した店舗では、機種によって金額は異なり、機種ごとに新規契約/機種変更/MNPで同じ金額が設定されていました。

この頭金の変なところは機種代とは別に設定されているということ。

一般的に頭金といえば代金の一部を支払っておく仕組み。

分割払いや延べ払い販売で、契約成立と同時に代金の一部として払う、ある程度まとまった金額
参考:頭金(あたまきん)|コトバンク

でも携帯会社(ドコモ)の頭金は違います。図で表してみるとこんな感じ。

ドコモショップの頭金の仕組みと頭金を無料にする方法

ドコモショップの頭金では、本体代金にプラスして支払う必要があります

この頭金はショップが独自に設定しているもので、利益はそのショップに還元されます。

お持ち帰り価格を機種変更や新規契約の時にかかる事務手数料と思っている人も多いようですが、事務手数料の3,000円はまた別にかかります。

ドコモショップで機種変更するときにかかる料金は

なので、ドコモショップで機種変更する場合にかかる料金は以下の通りです。

  • 機種代
  • 持ち帰り料金(頭金)・・・だいたい1万円(店舗や機種次第)
  • 事務手数料・・・2000円・3000円(手続きによるけど全店舗共通)

機種代の他に手数料だけで1万円ちょっとかかることに。

AQUOSsenseの場合(具体例)

今回は検討していたAQUOSsenseを例に出します。

f:id:Sachit:20180506223555j:plain

この機種の場合は

  • 分割支払金 1,175円
  • 支払総額 38,200円
  • お持ち帰り価格(頭金)10,800円

となっています。このお持ち帰り価格(頭金)は10,800円。本体代金の38,200円とは別に10,800円の支払いが必要。さらに事務手数料3,000円がプラスされます。

支払い総額は52,000円

書かれていた支払総額からはかなり上がって5万円超えます。頭金の1万円は大きい。分割支払いを選ぶ人も多いので、あまり気にせず払っている人も多いのかも。

ドコモショップで頭金(という名の手数料)が設定されている理由

頭金のカラクリについて解説してきましたが、そもそも頭金が設定されている理由は「ドコモショップにとって、頭金(お持ち帰り価格)は大切な収入源になっているから」です。

実はドコモショップには1つも直営店はありません。(すべて代理店)

参考:携帯ショップ、キャリア直営店が"ほぼない"のは本当か|Newsinsite

なので、代理店であるドコモショップはユーザーが機種変更やMNP、オプション加入した時にドコモ本社からもらえる手数料をもらうことで経営が成り立っています。

でも、ここ数年はキャッシュバック規制などで機種変更を頻繁にする人が減っていることもあり、ドコモショップの収入は減少気味。

なので、ショップとしてもお持ち帰り価格(頭金)を若干値上げして収入を補っているというのが現状のようです。(店舗によりますが、全体的に頭金は昔に比べて高めになっています)

なので、ドコモ唯一の直営店であるドコモオンラインショップだけが完全お持ち帰り価格(頭金)0円なんです。

【お持ち帰り価格(頭金)なしで機種変更】
ドコモオンライン

お持ち帰り価格を拒否できるのか。

地味に高いお持ち帰り価格。お持ち帰り価格のことを調べていると「お持ち帰り価格を支払い拒否したい」という内容の知恵袋を見つけました。

違法だという意見もあるくらいなのですが、実際のところは違法でもなんでもなく、頭金の拒否はできません。(まあそうですよね)

ただ、店舗によってお持ち帰り価格を無料にしてもらう方法はあるよう。価格.comの口コミでは無料アプリを10個ダウンロードする代わりに頭金払わなくてよかったという話が書いてありました。

大体どこの店舗でも、頭金払うか、頭金なくす代わりにアプリ大量導入か、選択制だと思います
引用:『ドコモショップ頭金』 のクチコミ掲示板

このあたりも、無料のアプリのダウンロードがドコモショップの収入源になるということだと思います。

ドコモショップで値段が違うのはお持ち帰り価格が原因

ドコモはショップによって価格差があるという口コミも多く見かけますが、これはお持ち帰り価格の差によるもの。

iPhoneでは持ち帰り価格の設定がなかったようですが、2017年ごろからiPhoneでもお持ち帰り料金を設定されるようになっています。

ドコモショップや家電量販店で頭金0円のスマホは「買い」か

ここまで頭金が設定されている理由や支払うのを拒否できないかについて書いてきましたが、ドコモショップで

「頭金0円」って書かれた看板を見たことある

という方もいるはず。

たしかに、「頭金0円のドコモショップで買う」のは頭金なしでスマホを買う方法の一つです。

探せば頭金0円のスマホを売り出しているショップもあります。ただし、頭金0円のスマホ=お得かというと微妙なところ。

頭金0円の場合、こんな傾向にあります

  • 有料オプション加入が条件
  • 売れ残りで不人気機種
  • 少し古い機種で在庫整理

無料のアプリやサービスに加入させられたという話もよく聞きます。頭金0円機種は限られてくるので選択肢が少ないというのも少し気になる点です。

また、頭金の比較は実際に店舗にいったり、ショップに電話して聞かないといけないので頭金なしのドコモショップを探すのは単純に面倒です。

この辺りを理解しつつ、自分に合った機種が出ていたらドコモショップや家電量販店の頭金0円機種を選ぶのも一つの手です。

全ての機種でお持ち帰り価格(頭金)が無料のショップは

各店舗のお持ち帰り価格を調べるには、直接店舗にいくしかありません。

ただ、docomo online shop(ドコモオンラインショップ)というドコモショップのインターネット支店だと、全ての機種でお持ち帰り価格が0円(無料)です。

ドコモオンラインショップでは事務手数料も0円。ドコモショップや家電量販店だと3240円かかります。

割引のないスマホだと、頭金や事務手数料の差が価格差になります。

私は頭金が手数料だということを知ってショップでするのがもったいなくなり、docomoonlineshopで機種変更しました。

ネットショッピングみたいな感じでできて手続きもかなり簡単です。もったいないので、ドコモオンラインショップで手続きしてくださいね。

【お持ち帰り価格(頭金)なしで機種変更】
ドコモオンライン