節約ママの暮らしを豊かにするヒント

ワーキングマザーが無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信。格安SIMにはまっています

格安simにおすすめのクレジットカード4選とカードの選び方

f:id:Sachit:20180506225228j:plain

この記事では格安SIMの支払いに使うクレジットカードの選び方とおすすめのクレジットカードをピックアップして紹介しています。

キャリアから格安SIMにすれば通信費は節約できますが、格安SIMを口座振替で支払っている人は損しています。格安SIMに合ったクレジットカード選びをすれば、普通に使っているだけでポイントがたまってさらにお得ですよ。

格安SIMにおすすめのクレジットカードの基準

年会費無料のクレジットカードを選ぶ

特別な目的がない限りは年会費無料のクレジットカードを使うのが無難。というのも、格安SIMは毎月の通信料金が安いため。無理に年会費を払ってポイントをたくさんもらえるクレジットカードに入っても、元が取れません。

還元率は1.0%以上

還元率は、買い物に対してポイントが還元される率。0.5%のクレジットカードが平均。最低でも還元率が1.0%以上のものを選びましょう。1%を超えていたらさらにいいですね。

ポイントが使いやすい

ポイントの使いやすさも大切。せっかくポイントが貯まっても使いにくかったら意味がありません。Tポイント・楽天ポイント・pontaポイントなど近くのお店で使えるポイントにが貯まる、もしくは交換できるもの選ぶことが大切です。

格安SIM全般はリクルートカードがおすすめ

格安SIM全般におすすめなクレジットカードはリクルートカード。格安SIMの支払いにおすすめなクレジットカードの条件、

  • 年会費無料
  • ポイントが溜まりやすい
  • ポイントが使いやすい

の3つを満たしているクレジットカードです。

年会費無料で還元率1.2%は嬉しい。0.2%の差ですが、格安SIMの通信料金はずっと使い続けるものなので長い目で見ると大きな差です。

リクルートカードのメリットデメリットについて詳しくまとめた記事です。

blog.setsuyakumama.net

楽天モバイルには楽天カード

楽天モバイルを使っている人は楽天カードが断然お得

楽天カードは年会費無料で還元率1.0%。たまったポイントが楽天グループのサービスやマクドナルド、ミスタードーナツで使えるのも魅力。

楽天市場ならなんでも揃っているのでポイントが使いきれないなんてことはありません。

さらに、契約中は楽天市場でもらえるポイントが二倍になります。楽天市場や楽天トラベルを使う人はかなりおすすめできます。

Y!mobileはYahoo! JAPANカード

Y!mobile(ワイモバイル)を使っている人におすすめしたいのが、Yahoo! JAPANカード

Y!mobile(ワイモバイル)を使っている場合、Yahoo!ショッピングやLOHACOでお買い物するときに、Yahoo! JAPANカードを使うと最大ポイント12倍になるという特典が。(通常時でも5倍)

正直ヤフーショッピングは楽天市場に比べると使用頻度が低いのですが、ポイント12倍と言われるとかなり魅力的。LOHACOも重たい日用品が翌日に届くのでよく使うサービスです。

ワイモバイル自体も店舗数が多く人気の格安SIM。ワイモバイルを使っているかたはYahoo! JAPANカードおすすめです。

iPhoneユーザーはオリコカードで

iPhoneユーザーにおすすめなのはオリコカード

格安SIMでiPhoneを使う場合、アップルストアでSIMフリーのiPhoneを買う人も多いのではないでしょうか。

実はiPhoneのローンはオリコローン。オリコカードを持っている人はローンが通りやすくなります。

還元率も1.0%で合格点です。

一括で買うよ!という人にはあまり関係がありませんが、分割で買っている人ならオリコカードがおすすめです。

docomoの支払いはDカードにしてはいけない

格安SIMではありませんがドコモの支払いはdカードにしてはいけません。なぜなら携帯料金の支払いはdカードで支払ってもポイントがたまらないから。ディーカードゴールド同じ理由でおすすめできません。

ドコモの支払いは他の格安SIMと同じようにリクルートカードで支払うのがオススメです。

リクルートカードでたまったリクルートポイントはdポイントにも交換できます。dポイントでドコモの携帯代の支払いにあてることもできますよ。

格安SIMはクレジットカード選びでお得度が変わる!

格安SIMのクレジットカードは一度設定するとなかなか変更しません。知らない間にポイントがたまっていく分、還元率が良くて使いやすいクレジットカードを選ぶのがポイントです。

ちょっとの違いでも年単位で見ると、結構節約になりますよ。