節約ママの暮らしを豊かにするヒント

ワーキングマザーが無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信。格安SIMにはまっています

dカード(dカード GOLD)でドコモの携帯料金払ってもポイントつかない問題

dカード(dカード GOLD)でドコモの携帯料金を支払っても、ポイントが付かないって知っていましたか?でも、「dカード GOLDで10%ポイント」という広告も本当。ややこしいのでどういうことなのか詳しく書いてみました。

dカード GOLDはドコモユーザーの必須カード!でも料金を支払う時は注意

結論から言うと、ドコモユーザーにはdカード GOLDはお得だけど、dカード(dカード GOLD)でドコモの携帯料金を払うときは注意

なぜなら、dカード(dカード GOLD)でドコモの携帯料金を支払ってもポイントがつかないから。

もっと詳しく言うと、携帯料金だけではなくスマホの修理代やオプション代等、ドコモで支払う料金は基本的にポイントがつきません。クレジットカード払いでもポイントつかないので、口座振替と一緒です。

dカード GOLDは10%ポイント還元と書いてあるけど

でも、dカード GOLDのサイトにはご利用料金の10%還元と書かれています。

ポイントつかないって言ってたのに10%ポイントつく」って変ですよね。でも10%ポイントがもらえるというのは本当。

実はこの10%ポイント、dカード GOLDで「支払ったから」つくポイントではありませんでした。

説明がややこしいのですが、10%ポイントは支払った料金ではなく、利用料金で加算されるポイント。つまり、どのクレジットカードで支払うかは関係ないし、なんなら口座振替にしてもたまるポイントです。

なので、dカード GOLDの10%ポイントはこんな仕組み

×「dカード GOLDで支払ったら10%ポイント」
〇「dカード GOLDを持っていたら10%ポイント」

ポイント還元といえば、そのクレジットカードで支払った料金に応じてたまるのが普通なので、紛らわしいですよね。

ただ、dカード GOLDを持っているだけで10%ポイント還元ってお得すぎるので、ドコモユーザーはdカード GOLDは持っていた方がいいのは間違いないです。

dカード GOLD持っているけど10%ポイントもらっていない人は電話番号の申請が必要

dカード GOLDを作っただけではポイントはたまりません。なぜならdカード GOLDにユーザー情報の紐付けができていないから。

ドコモの10%ポイントをためるには電話番号の申請が必要です

クレジットカード会社に「このdカード GOLDは、この電話番号の人(ドコモユーザー)が使っています」と教えてあげる必要があります。住所とか名前とか一緒だったら勝手にやってくれたら便利なんですけどね。

原則本人カードの場合は電話番号から紐付けしてくれるらしいのですが、クレジットカードを作った時に固定電話やほかの電話番号を登録してしまった場合など、うまく紐づけできていないこともあるようです。

10%ポイントがたまっていない場合はdカード GOLDに自分の電話番号を申請してみましょう。

家族の電話番号の申請漏れも注意

電話番号の申請は番号単位になります。家族の分も貯めたい場合は家族の分の電話番号も申請が必要。支払を合算している場合でも同様に登録が必要です。

正確にはdポイントは1000円に対して100ポイントです。

10%ポイントと宣伝されていますが、正確には1000円で100ポイント。 端数分は切り捨てられます。

3000円だった場合は300ポイントですが、3900円でも300ポイント。

金額的には中途半端な料金になることが多いので、実際には10%のポイントがもらえることは少なそうですね。

結局、dカードとdカード GOLDは持っとくべき?

いかがでしたか?dカードでスマホ代を払っても、ポイントはつかないので注意が必要です。

ただ、同じdカードでもdカード GOLDは10%ポイント還元。10%のポイント還元はお得すぎるのでドコモユーザーは作っておきたい

年会費は1万円。ただ、家族分含めてドコモの携帯代を合計9000円以上支払っている人なら余裕で年会費の元が取れる計算です。

他にもケータイ補償サービスなどドコモユーザーにありがたいサービス付き。(うまく使えば月々のスマホ料金も節約できます)

また、dカード GOLDは利用額に応じたキャッシュバック(ポイントバック)があります。(例:100万円以上で1万円)ドコモの携帯料金も合計額に入るので、一緒に支払うことで、ポイントバック対象になりやすくなりますよ。

\公式サイトの入会キャンペーンがお得/
>>>dカード GOLD

ドコモ以外の携帯料金の支払い(クレジットカード)についてはこちらの記事に書いています。