節約ママの暮らしを豊かにするヒント

ワーキングマザーが無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信。格安SIMにはまっています

dカード(dカードGold)でドコモの携帯料金払ってもポイントつかない問題

dカード(dカードゴールド)でドコモの携帯料金を支払っても、ポイントが付かないって知っていましたか?「dカードで10%ポイント」という広告も出ていてややこしいので、どういうことなのか詳しく書いてみました。

dカードでドコモの料金は支払ってはいけない

結論から言うと、dカード(dカードGold)でドコモの携帯料金を払うのはおすすめしません。なぜなら、dカードでドコモの携帯料金を支払ってもポイントがつかないから。

もっと詳しく言うと、携帯料金だけではなくスマホの修理代やオプション代等、ドコモで支払う料金は基本的にポイントがつきません。クレジットカード払いでもポイントつかないので、口座振替と一緒です。

なので、ドコモの料金をクレジットカードで支払うときはdカード以外を指定するのがおすすめです。(個人的にはドコモのクレジットカードでドコモの料金を払ったらポイントがつかないなんてどうなの?と思うんですが・・・)

ちなみにおすすめのクレジットカードは還元率の面からリクルートカードがイチオシ。dポイントにも交換できるからドコモの支払いにもあてられます。

固定費は削りにくいので、できるだけ還元率高いカードを選んでおきたい。

dカードゴールドは10%ポイント還元と書いてあるけど

でも、現在もdカードゴールドのサイトにはご利用料金の10%還元と書かれています。

ポイントつかないって言ってたのに10%ポイントつく」って変ですよね。でも10%ポイントがもらえるというのは本当。

実はこの10%ポイント、dカードゴールドで「支払ったから」つくポイントではありませんでした。

説明がややこしいのですが、10%ポイントは支払った料金ではなく、利用料金で加算されるポイント。つまり、どのクレジットカードで支払うかは関係ないし、なんなら口座振替にしてもたまるポイントです。

なので、dカードゴールドの10%ポイントはこんな仕組み

×「dカードゴールドで支払ったら10%ポイント」
〇「dカードコールドを持っていたら10%ポイント」

ポイント還元といえば、そのクレジットカードで支払った料金に応じてたまるのが普通なので、紛らわしいですよね。

dカードGold持っているけど10%ポイントもらっていない人は電話番号の申請が必要

dカードGoldを作っただけではポイントはたまりません。なぜならdカードGoldにユーザー情報の紐付けができていないから。

ドコモの10%ポイントをためるには電話番号の申請が必要です

クレジットカード会社に「このdカードゴールドは、この電話番号の人(ドコモユーザー)が使っています」と教えてあげる必要があります。住所とか名前とか一緒だったら勝手にやってくれたら便利なんですけどね。

原則本人カードの場合は電話番号から紐付けしてくれるらしいのですが、クレジットカードを作った時に固定電話やほかの電話番号を登録してしまった場合など、うまく紐づけできていないこともあるようです。

10%ポイントがたまっていない場合はdカードGoldに自分の電話番号を申請してみましょう。

家族の電話番号の申請漏れも注意

電話番号の申請は番号単位になります。家族の分も貯めたい場合は家族の分の電話番号も申請が必要。支払を合算している場合でも同様に登録が必要です。

正確にはdポイントは1000円に対して100ポイントです。

10%ポイントと宣伝されていますが、正確には1000円で100ポイント。 端数分は切り捨てられます。

3000円だった場合は300ポイントですが、3900円でも300ポイント。

金額的には中途半端な料金になることが多いので、実際には10%のポイントがもらえることは少なそうですね。

dカードを作るならdカードゴールド。ただし支払いは他のクレジットカードで

いかがでしたか?dカードでスマホ代を払っても、ポイントはつかないので節約にはなりません。確かに、dカードはdポイント(ドコモの携帯料金の支払いにも充当できるポイント)がたまりやすいです。

ただ、同じdカードでも有料のdカードゴールドは10%ポイント還元のために作るというのはあり。

その場合も、携帯料金はdカード以外のクレジットカードで支払うようにしましょう。

格安SIMユーザー向けに書き始めた記事ですが、ドコモのことも追記しました。