節約ママの暮らしを豊かにするヒント

1歳の娘を育てながらOLとして働くワーキングマザー。育児・ブログ運営・格安SIM(MVNO)・節約の話題多し。無理せず節約しながら、毎日を豊かに暮らすためのヒントを発信します。

Googleから来たGDPRについてのメールの影響と対応事項に付いて

f:id:Sachit:20160908220950j:plain 「[Action Required] Important updates on Google Analytics Data Retention and the General Data Protection Regulation (GDPR)」という題名でグーグルから送られて来た英文メールの内容の翻訳と要約を簡単に書きました。(4月12日)

Googleanalytics利用者向けのメール。今回は対応事項あり

前回グーグルからメールが来たのですが、続報でグーグルアナリティクス利用者向けにメールが来ました。

[Action Required]ということで今回は対応事項がありそうです。

前回のグーグルからのメールの内容(全文翻訳)

blog.setsuyakumama.net

前回は「GDPRっていう法律が施行されるから色々変わるよ。これから情報発信していくよ」という内容で、特に対応事項はありませんでした。

影響と対応事項

対応事項は読んだ限りでは二つ

・データ保持の設定確認

・EU圏内ユーザーを対象としたサービスがないか法務部や関係部署に確認

いますぐ対応が必要というわけではないですが、法律が施行されるまでに、データ保持の部分の設定を確認しておく必要があるようです。

二つめの法務部に確認の部分は会社とか大規模なサイトを運営している人向きですかね?個人で日本の人に読まれるような記事を書いているブロガーやアフィリエイターへの影響は少なそう。

個人でも、海外向けに英文でもサイト運営している人は関係ありそう。

Googleからのメール全文と翻訳(一部意訳)

Dear Google Analytics Administrator,

グーグルアナリティクスの管理者様

Over the past year we've shared how we are preparing to meet the requirements of the GDPR, the new data protection law coming into force on May 25, 2018. Today we are sharing more about important product changes that may impact your Google Analytics data, and other updates in preparation for the GDPR. This e-mail requires your attention and action even if your users are not based in the European Economic Area (EEA).

この一年、グーグルはあなた方にGDPR(2018年5月25日に施行される新しい情報保護法)への対応準備について共有してきました。

今日は、さらに重要な製品の仕様変更、グーグルアナリティクスのデータに影響を与える内容やその他のGDPR対応準備について共有させていただきます。

このEメールは注意とアクションを促すもので、ユーロ圏以外のユーザーがいる人も対象です。

Product Updates

Today we introduced granular data retention controls that allow you to manage how long your user and event data is held on our servers. Starting May 25, 2018, user and event data will be retained according to these settings; Google Analytics will automatically delete user and event data that is older than the retention period you select. Note that these settings will not affect reports based on aggregated data.

製品のアップデート

ユーザーやイベントについて、どれだけアナリティクスのサービス内で長くデータをマネージできるかというデータ保持の機能についてご説明します。2018/5/25(GDPRの施行日)になるとグーグルアナリティクスの管理者が決めた期間を過ぎたらグーグルアナリティクスはユーザーのデータやイベントを自動的に消去するという設定になります。 これらの設定は、集計データに基づくレポートには影響しません。

Action: Please review these data retention settings and modify as needed.

Before May 25, we will also introduce a new user deletion tool that allows you to manage the deletion of all data associated with an individual user (e.g. site visitor) from your Google Analytics and/or Analytics 360 properties. This new automated tool will work based on any of the common identifiers sent to Analytics Client ID (i.e. standard Google Analytics first party cookie), User ID (if enabled), or App Instance ID (if using Google Analytics for Firebase). Details will be available on our Developers site shortly.

これらのデータ保持設定を確認し、必要に応じて変更してください。

5月25日までに、Googleアナリティクスやアナリティクス360の各プロパティから、個々のユーザー(サイト訪問者など)に関連付けられているすべてのデータの削除を管理できる新しいユーザー削除ツールについても紹介します。この新しい自動ツールは、アナリティクスクライアントID(標準GoogleアナリティクスファーストパーティCookie)、ユーザーID(有効になっている場合)、またはアプリインスタンスID(Firebase用Googleアナリティクスを使用している場合)に送信される一般的な識別子に基づいて動作します。まもなくディベロッパーサイトで詳細をご覧いただけます。

As always, we remain committed to providing ways to safeguard your data. Google Analytics and Analytics 360 will continue to offer a number of other features and policies around data collection, use, and retention to assist you in safeguarding your data. For example, features for customizable cookie settings, privacy controls, data sharing settings, data deletion on account termination, and IP anonymization may prove useful as you evaluate the impact of the GDPR for your company’s unique situation and Analytics implementation.

いつものように、私たちは引き続きあなたのデータを保護する方法を提供することを約束します。 Googleアナリティクスとアナリティクス360では、引き続きデータの収集、使用、保存に関するさまざまな機能やポリシーを提供し、データの保護に役立てています。たとえば、カスタマイズ可能なCookie設定、プライバシー管理、データ共有設定、アカウント終了時のデータ削除、IP匿名化の機能は、GDPRが貴社固有の状況や分析の実装に及ぼす影響を評価する際に役立ちます。

Contract And User Consent Related Updates

Contract changes

Google has been rolling out updates to our contractual terms for many products since last August, reflecting Google’s status as either data processor or data controller under the new law (see full classification of our Ads products). The new GDPR terms will supplement your current contract with Google and will come into force on May 25, 2018.

In both Google Analytics and Analytics 360, Google operates as a processor of personal data that is handled in the service.

・For Google Analytics clients based outside the EEA and all Analytics 360 customers, updated data processing terms are available for your review/acceptance in your accounts (Admin ➝ Account Settings).

・For Google Analytics clients based in the EEA, updated data processing terms have already been included in your terms.

・If you don’t contract with Google for your use of our measurement products, you should seek advice from the parties with whom you contract.

契約とユーザーの同意

契約変更

Googleは、昨年8月以来、新しい法律の下でGoogleのデータプロセッサーまたはデータコントローラーのステータスを反映して、多くの製品の契約条件を更新しています。新しいGDPRの条件は、Googleとの現在の契約を補完し、2018年5月25日に発効します。 (これは前回のメールでもあった内容ですね)

Google AnalyticsとAnalytics 360の両方で、Googleはサービスで処理される個人データのプロセッサとして動作します。

・EEAおよびすべてのAnalytics 360ユーザー以外のGoogle Analyticsクライアントの場合、更新されたデータ処理条件がお客様のアカウントで確認/承認されます(管理→アカウント設定)。

・EEAに基づくGoogleアナリティクスクライアントの場合、更新されたデータ処理条件は既にお客様の条件に含まれています。

・測定製品の使用に関してGoogleと契約していない場合は、契約を結んでいる当事者からアドバイスを求める必要があります。

Updated EU User Consent Policy

Per our advertising features policy, both Google Analytics and Analytics 360 customers using advertising features must comply with Google’s EU User Consent Policy. Google's EU User Consent Policy is being updated to reflect new legal requirements of the GDPR. It sets out your responsibilities for making disclosures to, and obtaining consent from, end users of your sites and apps in the EEA.

Action: Even if you are not based in the EEA, please consider together with your legal department or advisors, whether your business will be in scope of the GDPR when using Google Analytics and Analytics 360 and review/accept the updated data processing terms as well as define your path for compliance with the EU User Consent Policy.

更新されたEUユーザー同意ポリシー

広告機能のポリシーでは、広告機能を使用するGoogleアナリティクスとアナリティクス360の両方のユーザーが、GoogleのEUユーザー同意ポリシーに準拠している必要があります。 GoogleのEUユーザー同意ポリシーは、GDPRの新しい法的要件を反映するように更新されています。 EEAのサイトおよびアプリのエンドユーザーに開示し、同意を得る責任を設定します。

措置:EEAを拠点としていない場合でも、Googleアナリティクスとアナリティクス360を使用している場合、ビジネスがGDPRの範囲内にあるかどうか、法務部または顧問と一緒に検討し、更新されたデータ処理条件をEUユーザー同意ポリシーに準拠するためのパスを定義するだけでなく、

Find Out More

You can refer to privacy.google.com/businesses to learn more about Google’s data privacy policies and approach, as well as view our data processing terms. We will continue to share further information on our plans in the coming weeks and will update relevant developer and help center documentation where necessary. Thanks,

The Google Analytics Team

もっと見る privacy.google.com/businessesを参照して、Googleのデータプライバシーポリシーとアプローチについての詳細を学び、Googleのデータ処理用語をご覧ください。 今後数週間、今後も計画についての情報を共有し、必要に応じて関連する開発者やヘルプセンターのドキュメントを更新します。 ありがとう、 Googleアナリティクスチーム